技術情報

株式会社キャリエ・レゾのブログを開設いたしました。

現代では全世界と繋がることができるインターネットですが あらゆる機器を相互に接続(有線や無線)することで通信をしています。 インターネットを構成する要素は様々ですが、通信回線を中継するネットワーク 機器は非常に重要な役割を果たしています。

そこで多く使用されている機器のメーカの一つがCiscoです。

ネットワーク機器に設定を投入してネットワークを構築していきますが、設定にも色々あり用途によって様々です。

IMG_20180322_104630.jpg

Ciscoのネットワーク機器は主にコマンドラインで操作します。

今回はまず初めに「show running-config」コマンドについて語ります。

show running-configとは現在稼働しているCisco機器の設定内容を表示するコマンドです。

このコマンドは特権モード(モードの説明は別途)で作動します。機器設定変更 や、設定追加、削除すると出力結果が書き換わります。表示内容には機器共通の項目もありますが、機種やIOSのバージョンによって設定できる内容や機能が違うため表示内容も変わってきます。

どの機器でも本コマンドは共通なので、現在の機器がどの様に設定されているか確認するために 必ず使用するコマンドのため多くの人がまずこのコマンドを覚えると思います。

そのためこのコマンドはネットワーク業務に携わる上で必ずと言っていいほど頻 繁に使用します。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

エンジニア:Y

 | 

Comment on this article

Send comments

  ※ Email will not be published
Loading...
 Please enter the letters of the image