Carriere Reseau

技術情報

便利なショートカットキー

キャリエ・レゾのRです。

Webブラウザでたくさんのタブを開いて作業をしていると、
不要なページと間違えて必要なページを閉じてしまったことはないでしょうか?

閉じてしまったタブをお気に入りに登録していれば良いのですが、
たまたま見つけたサイトだったりすると、
再び同じページを開くのに、Webページの閲覧履歴から開いたり、
あるいは再度Webを検索して開くと思いますが、この方法だと時間も手間もかかります。

そのような場合、Windows OS版では[Ctrl]+[Shift]+[T]キーを押すことで、
最後に閉じたタブを同じページで開くことができます。

閉じたタブやウィンドウは履歴として管理されており、[Ctrl]+[Shift]+[T]キーを
繰り返し押すと、以前に閉じられたタブやウィンドウが逆順に再度表示されます。

そして、パソコンをシャットダウンしても、そのシャットダウン前に開いていたタブを再び
開くことができます。

このショートカットキーは、 Microsoft EdgeやGoogle Chrome、Mozilla Firefox といった
主要なブラウザなら共通して使えます。


復元可能なタブ数はブラウザによって異なりますが、おおよそ5つくらいは保持される様です。
再度同じページを探す手間を考えると、この操作を覚えておくことで作業効率が変わるかもしれません。
 

Comment on this article

Send comments

  ※ Email will not be published
Loading...
 Please enter the letters of the image