Carriere Reseau

技術情報

NEW

新人TのCCNA合格体験記

キャリエ・レゾの新入社員Tです。

今年の4月に入社して、約3か月間、毎日7時間程度学習して
先日CCNAの資格を取得しました。

本記事では

①CCNA取得の意義
②学習方法、
③試験当日の流れ

をお伝えします。


①CCNA取得の意義

CCNA(Cisco Certified Network Associate)とは、
Cisco Systems社が運営するベンダー資格です。

資格取得のための学習によって、
ネットワークの基礎と広く使われるCisco機器の操作を
学ぶことができます。

そのため、ネットワークエンジニアの
知識・技能を証明する資格として、
始めの目標となります。

②学習方法

用いたサイト・参考書は
・Ping-t
・シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301(白本)
です。

日々の学習では問題を数多く解くことを重視しました。

白本は問題の解説を読んでも尚分からない内容を調べる時のみ用い、
基本的に学習サイトPing-tで出題範囲を絞った問題を解きました。

それは、参考書を読む学習よりも出題範囲を絞って問題を解く学習の方が、
同じ内容が繰り返し登場し、優先して覚えるべき箇所が理解しやすかったためです。

全体の内容に目を通した後は、全ての出題範囲からランダムに問題を解きました(模擬試験など)。
それまでの学習と異なり、関連性の薄い問題が連続することになるため、自身の実力を正確に測ることができます。

私は以上の方法で、進数変換以外出来なかった初期の状態から、
Ping-tの模擬試験を常時98%程度正答することができるようになりました。

③試験当日の流れ

時系列順に試験当日の流れを説明します。

・試験日当日は、本人確認書類2点表示、写真撮影、署名の後に試験部屋へ入ります。
・手荷物は試験部屋へは持ち込めません。
 私が行った試験センターではロッカーを借りて、手荷物を入れることができました。
・試験部屋は、異なる試験を異なる時間帯で受験する人の出入りがあります。
・試験中のメモは支給された油性ペンで消えないボタンに取ることになります。
・CCNAの問題は翻訳が正確でない箇所(通称Cisco語)があります。
 用語の意味を理解していればそこまで難しくはありません。
・一部の問題には今後出していきたいため、顔見せとして出題されるものがあります。
 その問題には点数が付かないらしいのですが、判別することはできないため、全てよく考えて解きましょう。
・試験を受けている様子はカメラで記録されます。
・試験後はスコアレポートが渡され、Pass(合格)・Fail(不合格)をその場で確認できます。

最後にCCNAの試験では部分点が貰えるため、
思っているよりも点を貰えている可能性があります。
よって、諦めずに全ての問題を解くことをお勧めします。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

Comment on this article

Send comments

  ※ Email will not be published
Loading...
 Please enter the letters of the image